“阿弥”の読み方と例文
読み方割合
あみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
去年あたりからにわかに猖獗をみせてきた例の踊る宗教——時宗阿弥仲間へはいるものが、おそろしい勢いでふえつつある。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
善定兼吉、奈良太郎兼常、徳永兼宣、三阿弥兼高、得印兼久、良兼母、室屋兼任——この七人の末葉、美濃越前をはじめとして、五にその数およそ千百相に別れ
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
巨勢金岡もあります、光長も、信実もあります、土佐もあります、雪舟、周文、三阿弥、それから狩野家にも古法眼があります、その後に於ても探幽があり、応挙があり……
大菩薩峠:31 勿来の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)