“速:まね” の例文
“速:まね”を含む作品の著者(上位)作品数
フィヨードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー1
内田魯庵1
陸羯南1
“速:まね”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 政治史・事情3.3%
文学 > ロシア・ソヴィエト文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
他方には末広重恭、杉田定一、栗原亮一らの諸氏ありて政論のために禍をまねきたること一、二回に止まらず。
近時政論考 (新字新仮名) / 陸羯南(著)
こういう悲惨な運命をまねいたのは畢竟美妙自身の罪であったが、身から出たさびであったにしても、日本の新文体の創始者に対して天才の一失を寛容しなかった社会は実に残忍である。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
我国の古諺こげんに曰く。まねかざる客は韃靼人だつたんじんよりもまると。鱷は縦令たとへ落涙すとも、胃中の寄住者を如何いかんともする事能はざるなり。寄住者は永久に退去するをがへんぜざるものゝ如し。