“討合”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はたしあ66.7%
うちあい33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“討合”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「ははははは」源十郎の笑声はどこかうつろだった。「鳥のまさに死なんとするやその声悲し。人のまさに死なんとするやその言うところしとかや——おい丹下、貴様ほんとに討合はたしあいを望んでおるのか」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
討合はたしあいのいきさつから、もしもわが亡きのちの処理、国おもての妻子の身の振り方なぞを幾通かの書面に細ごまとしたためて、十郎兵衛が部屋で一服しているところへ、刻限でござる、そろそろ出かけようではないかと言って、甚吾左衛門が迎えに来た。
寛永相合傘 (新字新仮名) / 林不忘(著)
一刀流の剣術遣いの家にふるく勤め免許をも取った腕前ゆえ、討合うちあいではかなわんが邪魔になるのは此の勇助、泳ぎを知って居るかと聞くと泳ぎは徳利とっくり仮声こわいろでブク/″\だというから