“衍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えん40.0%
あやま20.0%
はびこ20.0%
20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
父の容態がだめと思われた朝、近所のという世話好きの奥さんがやって来て、父の様子を一目見て驚き、あなたはまあ、何をぼんやりしているのです
惜別 (新字新仮名) / 太宰治(著)
「だが、女のために大儀をる」と、勘平はまたごろりと横になりながら言った。「考えてみると、気の毒なものじゃね。こうしてだんだんとがり分けられるんだよ」
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
現に紀州では神社合祀を濫行し神林を伐り尽くして有益鳥類を失い、ために害虫しく田畑にり、霞網などを大枚出して買い入れ雀を捕えしむるに、一
支那やインドで竜王を拝して雨を乞うたはにこれに因ったので、それよりいて諸般の天象を竜の所為としたのは、例せば『武江年表』に、元文二年四月二十五日外山の辺より竜出て