“膝枕”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひざまくら83.3%
ひざま16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白姥の家に三晩寝ました。その内も、娘は外へ出ては帰って来て、膝枕をさせて、始終って来る馬蠅を、払ってくれたのを、現にみながら覚えています。
薬草取 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
順吉には母親に膝枕をして耳の掃除をしてもらった遠い記憶がある。
夕張の宿 (新字新仮名) / 小山清(著)
巻十四(三四五七)に、「うち日さす宮の吾背大和女膝枕くごとにを忘らすな」というのがある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)