ハギ)” の例文
姫は、誰にも教はらないで、裾をまであげた。風は、姫の髮を吹き亂した。姫は、いつとなく、をとり束ねて、襟から着物の中に、み入れた。夜中になつて、風雨が止み、星空が出た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
姫は、誰にも教はらないで、裾をまであげた。風は、姫の髮を吹き亂した。姫は、いつとなく、をとり束ねて、襟から着物の中に、み入れた。夜中になつて、風雨が止み、星空が出た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
姫は、何処をどう歩いたか、覚えがない。唯家を出て、西へ/\と辿つて来た。降り募るあらしが、姫の衣をした。姫は、誰にも教はらないで、裾をまであげた。風は、姫の髪を吹き乱した。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)