“背姿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うしろすがた85.7%
せすがた14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
幸村は、大助の背姿を見、「昨日誉田にて痛手を負いしが、よわるも見えず、あの分なら最後に人にも笑われじ、心安し」
真田幸村 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
鶴沢宮歳とあるのを読んで、ああ、お師匠さん、と思う時、名の主は……早や次の葭戸越背姿に、りと鉄瓶の湯気をかけて、一処浦の波が月に霞んだようであった。
浮舟 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)