“緋綸子”の読み方と例文
読み方割合
ひりんず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白の角通しの縮緬、かわり色のを払って、上下対の黒繻珍に金茶で菖蒲を織出した丸帯、緋綸子長襦袢、冷く絡んだ雪ので、猶予らう色なく、持って来た銚子を向けつつ
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)