“網格子”の読み方と例文
読み方割合
あみごうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
(たしかにそうだわ。例の重要物件は、旦那様の懐中を出て、あの空気抜きの網格子をあげて、天井裏に隠されたのにちがいない!)
什器破壊業事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
(あっ、あそこだわ!)炯眼なる彼女の小さな眼にじた一つの異変! それは高い天井の隅にある空気抜きの網格子が、ほんのちょっと曲っていたことである。
什器破壊業事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)