“紋次郎君”の読み方と例文
読み方割合
もんじろうくん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たとき、紋次郎君猫柳ってにささげた。ささげたといっても、のそばにおいただけである。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
また紋次郎君とこのおさんのによると、このが、三河のごんごろうという鐘師だったので、そうばれるようになったんだそうだ。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)
と、紋次郎君がしばらくしていった。
ごんごろ鐘 (新字新仮名) / 新美南吉(著)