“粗製”の読み方と例文
読み方割合
そせい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
の台所へって御覧なさい、古びた青銅鍋だの粗製琺瑯鍋だのあるいはの鍋だの真鍮鍋なんぞを使っていますが西洋は大概国法を以てあんな鍋の使用を厳禁しています。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
石棒に粗製のものと精製のものとの二有り、長さはに二三尺の間をとすれど、粗製の方はくして精製の方は細し。圖中上にきしは、第一種、に畫きしは第二種の石棒なり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
圖中粗製石棒の例として掲げたるものは遠江豊田郡大栗安村にて發見せしもの、精製石棒の例として掲げたるものは羽後飽海郡上郷村にて發見せしもの、理科大學人類學教室の藏品なり。
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)