“白茄子:しろなす” の例文
“白茄子:しろなす”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
泉鏡花1
“白茄子:しろなす”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さびしくつた、青道心のじじいの頭は、ぶくりと白茄子しろなすが浮いたやうで、川幅は左右へひらけ、船は霧に包まれた。
光籃 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「いつも俺が、かばってやるのを、忘れたのか。白茄子しろなすめ!」
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)