“独唱”のいろいろな読み方と例文
旧字:獨唱
読み方割合
ソロ50.0%
どくしょう33.3%
どくせう16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その歌はだれでも知っているのだと見えて聴衆がみんないっしょに歌い出してせっかくの独唱はさんざんに押しつぶされてしまった。
旅日記から (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
女先生が休みだしてから、はじめのうちは、ならった歌を合唱させたり、じょうずらしい子どもに独唱させたりした。
二十四の瞳 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
そしてれがすむともなく一婦人が、R打合せをしたあとでR通訳説明につれて舞台つた。そしてピアノの伴奏独唱をはじめた。
微笑の渦 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)