“火口内”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かこうない100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“火口内”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 地震学(児童)100.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ヴェスヴィオに登山とざんしたひとは、通常つうじよう火口内かこうないには暗黒あんこくえる鎔岩ようがん平地へいち見出みいだすであらう。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
最初さいしよ活動かつどうおいては火口内かこうない鎔岩ようがんが、火口壁かこうへきへりまですゝみ、一時いちじ流出りゆうしゆつ氣遣きづかはれたけれども、つひにそのことなくして、鎔岩ようがん水準すいじゆんふたゝ低下ていかしてしまつたのである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)