“海屋”の読み方と例文
読み方割合
かいおく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山陽だとか、小竹だとか、海屋だとか、広沢だとか、そんなことがいけない。本当に書をやるには、本家本元の本格のものに就いて正楷を本当に叩き込まなけりゃならぬ。
大菩薩峠:33 不破の関の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
あんまり不味いから、漢学の先生に、なぜあんなまずいものを麗々と懸けておくんですとねたところ、先生はあれは海屋といって有名な書家のかいた者だと教えてくれた。
坊っちゃん (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
で、時雄は父親とろ快活に種々なる物語にった。父親は田舎の紳士によく見るような書画道楽、雪舟、応挙、容斎の絵画、山陽、竹田海屋茶山の書を愛し、その名幅を無数に蔵していた。
蒲団 (新字新仮名) / 田山花袋(著)