“氷片”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こほりのわれ50.0%
ひょうへん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たゞ他所の者は渋海川氷見とて、花見のやうに酒肴をたづさへ彩筵毛氈などしきてこれを見る。大小万の氷片水晶盤石のごときが、のやうなる浪にひながるゝは目ざましき荘観なり。
しかし、室内ではあり、足元の悪さに、またしても西門慶の一蹴が成功して、彼の剣は蹴落され、剣は氷片のごとく、を越えて、どこかへ素ッ飛んだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)