氷片ひょうへん)” の例文
しかし、室内ではあり、足元の悪さに、またしても西門慶の一蹴が成功して、彼の剣は蹴落され、剣は氷片のごとく、を越えて、どこかへ素ッ飛んだ。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)