極運きやくうん)” の例文
ふの勢ひとか寶澤は心中に偖々めが貨物を持て居ることよ此二品を手に入て我こそ天下の落胤名乘て出なば分地でも萬一極運ふ時はとと當年十一の惡念
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)