“朝光”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あさかげ88.9%
ちょうこう11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
智惠子は堅く目を瞑つて、幽かに唸りながら、不※、今し方戸外へ出た時まだ日の出前の水の樣な朝光あさかげが、快く流れてゐた事を思ひ出した。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
朝光あさかげの貴くあか御産殿みうぶやに國母はさめ御眼みめなごやかに
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
智恵子は堅く目をつぶつて、幽かに唸りながら、不図、今し方戸外そとへ出た時まだ日出前の水の様な朝光あさかげが、快く流れてゐた事を思出した。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
朝光あさかげの貴くあか御産殿みうぶやに国母はさめ御眼みめなごやかに
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
朝光あさかげ此方こなたゆ射せば縞目なす高粱カオリヤンの根は雪のごと見ゆ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)