“あさかげ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アサカゲ
語句割合
朝光66.7%
朝影33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
智惠子は堅く目を瞑つて、幽かに唸りながら、不※、今し方戸外へ出た時まだ日の出前の水の樣な朝光あさかげが、快く流れてゐた事を思ひ出した。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
智恵子は堅く目をつぶつて、幽かに唸りながら、不図、今し方戸外そとへ出た時まだ日出前の水の様な朝光あさかげが、快く流れてゐた事を思出した。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
其まゝ石のやうに、老女はぢつとして居る。冷えた夜も幾らか朝影あさかげを感じる頃になると、温みがさして来た。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
朝影あさかげはなりぬたま耀かぎるほのかにえてにしゆゑに 〔巻十一・二三九四〕 柿本人麿歌集
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)