“摺燧”の読み方と例文
読み方割合
すりひうち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
立出で夫より松戸の渡しも漸々通り越小金に差掛りけるに扨物淋しき原中ゆゑ先腰なる摺燧取出し松の根に打掛煙草らす折柄より尾來りしと見えて一人の大の男腰に長刀
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)