“摺火燧”の読み方と例文
読み方割合
すりひうち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
撞乎しオイ棒組々々マア寛然と一ぷくやらかさうやれ/\世話しないことをしたと云ひながら煙草入より摺火燧を取出してかち/\と火を煙草
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)