“摺火打”の読み方と例文
読み方割合
すりびうち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
小「此処が大見堂という二代の上様が大いに見るという額を掛けられた処である、御府内一目に見ゆる処と仰しゃった故、摺火打で煙草を呑む事はやかましい場所じゃ」