“摺火”の読み方と例文
読み方割合
すりび100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松の木の側に青面金剛という石が建って居ります所に、両人連れの者が𢌞し合羽を着て、脚半草鞋に旅荷を側へ置いて、摺火で頻りに煙草をんで居りますのを、多助が見掛けまして
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)