“掛屋”の読み方と例文
読み方割合
かけや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殊にお掛屋の株を買って多年の心願の一端がってからは木剣、刺股袖搦を玄関に飾って威儀堂々と構えて軒並の町家を下目に見ていた。
であるから、金が自由になるとちお掛屋(今の銀行業のようなもの。)の株を買って、町人ながらも玄関に木剣、刺叉、袖がらみを列べて、ただの軽焼屋の主人で満足していなかった。