“両替屋”の読み方と例文
読み方割合
りょうがえや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「オオ、しかもこの金には、佐渡平刻印が打ってある。あの両替屋から、為替として受け取った金であろうが」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
是は「釈迦説法」とか、「両替屋算盤」とかいうのと一類のえごとで、無益の心づくしを嘲笑した警句であろうが、これにって始めて知り得たのは、江戸期の初頭まで近畿地方にも
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
山東河北の旅商人が取引にあつまる市場、駅路に隣接しているので、俗に、妓家千軒、旅籠百軒といわれ、両替屋だけでさえ二、三十軒もかぞえられる。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)