“振残”の読み方と例文
読み方割合
ふりのこ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中頃は振残されし喞言、人にはきほどしい文段までも、筆とれば其人の耳にて話しするな心地して我しらずにも、独居を数うる夜半の鐘はつらからで
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)