“指閊”の読み方と例文
読み方割合
さしつか100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
以て片田舍へ引籠り遣ひりし金にて何とか能思案なすべしと思ひて彼是半月餘りもしけるに知音の者は日々の暮しに指閊難儀樣子なるにぞ靱負は氣の毒に思ひ或日懷中より金五兩取り出し紙へりて御邊今日の營み是ぞと申程の事もなく日々雇の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)