“持調子”の読み方と例文
読み方割合
もちぢょうし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「待っていらっしゃればかったのに」と女らしく愛想をつけ加えた。けれどもその調子は沈んでいた。もこれはこの女の持調子で、代助はってその昔をい出した。
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)