“意馬心猿”の読み方と例文
読み方割合
いばしんえん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あまりの美しさ! あまりにもあでやかな眺めに、門之丞はしばし、その血管内に荒れ狂う意馬心猿もうちわすれ、呆々然として見れたのでした。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
僕は色気が無いどころか、大ありだった。それこそ意馬心猿とでもいうべき、全くあさましい有様だったのだ。
パンドラの匣 (新字新仮名) / 太宰治(著)
意馬心猿とやらが浅間しく乗り移った、さかりのついた雌犬同然さ——それで、悪いかえ? 悪いといったって、今更、どうにもあとへは引けないんだから——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)