“悪口雑言”のいろいろな読み方と例文
旧字:惡口雜言
読み方割合
あっこうぞうごん90.9%
あくこうぞうごん9.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あげくのが、永井荷風先生、宇野浩二先生、瀧井孝作先生方を始め悪口雑言無礼妄言の数々、性来のオッチョコチョイで仕方がない。
インチキ文学ボクメツ雑談 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
ちゅうちゅうきながら、またほかへ行って止まる。二人の猟師はち上がる。兄貴のフェリックスは、それに悪口雑言を浴びせかける。
にんじん (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
今でも決して忘れは致しませんが、……三人が客間に落ち会いました時……そのドーブレクが恋の遺恨から吐き出しました悪口雑言、あの凄い声は今だに私の耳に残っております。
水晶の栓 (新字新仮名) / モーリス・ルブラン(著)