“快刀乱麻”の読み方と例文
読み方割合
かいとうらんま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
細い丁髷、細い。異人墓から同行してきた平賀源内である。医者で作者でで商法家だが、一つ武芸者ではなかりし源内、快刀乱麻の手伝いはできないので、時々そこから
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
快刀乱麻つの態で解け去るかもしれないのだ。
地球発狂事件 (新字新仮名) / 海野十三丘丘十郎(著)