“幼婦”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おとめ50.0%
をとめご50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“幼婦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
この幼婦おとめのわたくしも、あなた同様、しばらくも休むことなく、絶えずあなたにお逢いしたいのです、というのであるが、男から、絶えずお前を見たいと云って来たのに対して、こういうことを云ったものであろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
幼婦をとめごおなこころ須臾しましくときむとぞおもふ 〔巻十二・二九二一〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
なお、この歌で注意すべきは、「幼婦をとめごは」といったので、これは「わたくしは」というのと同じだが、客観的に「幼婦は」というのにかえって親しみがあるようであり、「幼婦をとめご」というから此歌がおもしろいのである。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)