“山間僻地”の読み方と例文
読み方割合
さんかんへきち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天文永禄の世頃から見れば、ずいぶんって来てはいるが、なお少し山間僻地に入れば、さながら百鬼夜行のごときものと随所に出会うのが常であった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山間僻地のここらにしてもちと酷過ぎる鍵裂だらけの古布子の、しかもおさんご成人と云いたいように裾短裄短ったのを素肌に着て、何だか正体の知れぬ丸木
雁坂越 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
日本橋に一軒というなものであったが、それが瓦斯燈に変り、電燈に移って今日では五十燭光でもまだ暗いというような時代になって、ランプさえもよほどの山間僻地でも全く見られない
亡び行く江戸趣味 (新字新仮名) / 淡島寒月(著)