“山紫水明”の読み方と例文
読み方割合
さんしすいめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
皇居をめぐる山紫水明のひかりといい、町屋町屋の輝きといい、そこに生業いし、そこに楽しみ、そこに安堵しきっている市民といい、つい一昔前の、室町幕府の治下には
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
隆中は山紫水明の別天地といっていい。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)