“小間物店”の読み方と例文
読み方割合
こまものみせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると霊岸町の手前で、田舎丸出しの十八、九の色のい娘が、突然小間物店げて、避ける間もなく、私の外出着の一張羅真正面に浴せ懸けた。私はすべを失った。
深川の散歩 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
古靴屋の手に靴は穿かぬが、外套を売る女の、きらきらと羅紗の筒袖。小間物店の若い娘が、毛糸の手袋めたのも、寒さをぐとは見えないで、広告めくのが可憐らしい。
露肆 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の長いおどろしき黒髪が軒ばに手招きしている小間物店は、そこのうす暗い奥に、とろけそうなたいまい、鼈甲、金銀青貝の細工が、お花畑ほど群落していようとも、男にとっては
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)