“小間物類”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こまものるい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“小間物類”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お蝶は足のつま先に物欲しい目を落としながら当てのない心を抱いて歩きました。と——其処の曲り角に、黒髪を束ねたかもじの看板と「おん小間物類こまものるい」とした暖簾のれんがふッと目につきました。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)