“小事”の読み方と例文
読み方割合
しょうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
而も我がセントー・ハヤオを救い出す道なく、大事のための小事で、遂に尊き犠牲となり、憎むべき敵国人の死骸の間に、同じようなむごたらしい最後をげたのでしょう。ほんとに尊い死。
壊れたバリコン (新字新仮名) / 海野十三(著)
……小事小事。かかることは一切小さい。大事は前途にある。良い子になりたい新田なら良い子にさせ。婆娑羅の道誉には、存分、婆娑羅の欲望でも誇りでも振舞わせておけ。大丈夫の大事を
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
無口のほうで、伊那丸にたいしては柔順であり、友情にもろい男であり、小事にこだわらず、その、鉄杖殺風ぶことも滅多にしない男であるが、いったん、そのまなじりをいたときには
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)