“宗服”の読み方と例文
読み方割合
しゅうふく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ずっと後の、江戸時代のそれのように、その頃の薦僧には一定した宗服もなかったし、掛絡袈裟なども、あんな美々しいいはしていなかった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
のように、ひとりの、うす鼠色宗服を着た虚無僧が、柳の下にんでいた。じいっと、水のながれを見つめていた。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
木綿の手甲脚絆も、一瞬のきほぐし、斜めにかけた袈裟掛絡、胸に下げた三衣袋、すべて手早くはずしてしまうと、次には平絎の帯、白の宗服、そッくりそこへ脱ぎ捨てる。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)