“安白粉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やすおしろい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“安白粉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
ずり落ちたかわらは軒に這い下り、そり返った下見板の木目と木節は鮫膚さめはだしわや吹出物の跡のように、油気の抜けきった白ペンキの安白粉やすおしろいに汚なくまみれている。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
それが仮令安白粉やすおしろいにもせよ。
木馬は廻る (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)