“威権”の読み方と例文
旧字:威權
読み方割合
いけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ほとんど衆みなその方の威権慴伏し、あえてその非を鳴らす者もなかろうが、かかる時こそ、そち自身は、そう慎まねばなるまいぞ
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
亭主に向いては威権だ強過れどればとてわざるにず、人附だ好ければしき振舞はて無く
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
だって、武人の似絵は、どれを見ても、みんな強そうにか、でなければ、威権を誇示しているのが普通でございましょう。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)