“変心”のいろいろな読み方と例文
旧字:變心
読み方割合
こころをかえ50.0%
へんしん50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
冷光院殿御尊讐吉良上野介殿討取るべき志これあるども申合せところ、この節におよび大臆病者ども変心退散候者み捨て、ただ今申合せ必死相極め候面々
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
初代の変心気遣う理由は少しもなかったからである。初代も今はたった一人の母親の叱責をさえ気にかけなかった。彼女は私以外の求婚に応ずる心など微塵もなかったからである。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)