“御尊讐”の読み方と例文
読み方割合
ごそんしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
冷光院殿御尊讐吉良上野介殿討取るべき志これあるども申合せところ、この節におよび大臆病者ども変心退散候者み捨て、ただ今申合せ必死相極め候面々
四十八人目 (新字新仮名) / 森田草平(著)
(冷光院殿さま御尊讐、吉良上野介どの討取るべき志これ有る侍共、申し合せ候処——)
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)