“壺穴”の読み方と例文
読み方割合
つぼあな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
水増しの時できた小さな壺穴や、またそれがいくつも続いた浅い、それから亜炭のかけらだの、枯れたきれだのが、一列にならんでゐて
イギリス海岸 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
私たちは泥岩の上をあちこちあるきました。所々に壺穴があって、その中には小さな円い砂利が入っていました。
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
所々には、水増しの時できた小さな壺穴や、またそれがいくつもいた、それから亜炭のかけらだの、れたきれだのが、一にならんでいて
イギリス海岸 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)