“壺形”の読み方と例文
読み方割合
つぼがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
丁度今頃白い小さい壺形の花が咲いて居る筈だ。その花や葉を馬に喰はせると、を流して泥のやうに醉ふ。馬に取つてはこれほどの恐ろしい毒はない。
兄のは少し実の入った方がよいので、筋は全く取りません。取れば実がこぼれますから。それを味よく薄目に煮たのを、壺形の器に入れてに乗せます。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
濤川惣助氏の無線七宝の花瓶というのは、高サ二尺、胴の差し渡し一尺位で金属のの上に卵色の無線の七宝が施されたもので、形は壺形をしている。その鮮麗さは目もめるばかりです。