“壁一重”の読み方と例文
読み方割合
かべひとえ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その頃北川氏は二軒建ちの一寸した借家に住んでいたのだが、ある日、真夜中に棟を同じゅうしている、壁一重隣りから失火して、彼の家も丸焼けになって了った。
恐ろしき錯誤 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
だから長屋と長屋とは壁一重で仕切られながら、約一丁も並んでいるばかりか、三尺の往来を越すとすぐ向うのになる。上り口を枕にして寝れば、吸付莨のやり取りぐらいはできるほど近い。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
隣とは壁一重である。柳斎は、声をひくめて。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)