“堕在”の読み方と例文
読み方割合
だざい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或は多少の危険さへせば、談林風の鬼窟裡堕在してゐた芭蕉の天才を開眼したものは、海彼岸の文学であるとも云はれるかも知れない。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
今余が面前に娉婷と現われたる姿には、一塵もこの俗埃の眼にぎるものを帯びておらぬ。常の人のえる衣装を脱ぎ捨てたると云えばすでに人界堕在する。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この便法を証得し得ざる時、英霊の俊児、またついに鬼窟裏堕在して彼のいわゆる芸妓紳士通人と得失をするのを演じてからず。国家のため悲しむべき事である。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)