“堅過”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かたす75.0%
かたすぎ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自然と言つては堅過ぎるが、成程江戸時代からへて見ても、湯屋与太郎とは横町語呂がいゝ。(十八日)
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
「お祖父さんは軍人ですから、御案内はいつもあの方面丈けでございますのよ。余り堅過ぎますわね」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
婆「誠にどうもお堅過でお気が詰りましょう、御機嫌様よろしゅう」