“国史”の読み方と例文
旧字:國史
読み方割合
こくし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、日本国民は、建国二千六百年の、光輝ある国史の上に、これはまた決して書きたくはない文句を、血と涙と泥をねあわせて、さねばならなかった。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
越後の国往古出羽越中りし事国史に見ゆ。今は七を以て一国とす。
越後の国往古出羽越中りし事国史に見ゆ。今は七を以て一国とす。