“味読”の読み方と例文
読み方割合
みどく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しも読者にして、ゆっくり味読さるるならば、の分量の少なきを憂えず、得るところだ多かるべきを信ずるものである。
が、本当に氏の作品を味読する者にとって、氏の作品の奥深く鼓動する人道主義的な温味を感ぜずにはいられないだろう。
志賀直哉氏の作品 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
予言は、よき未来暗示であり、いましめのである。かならずしも、文字のにあらわれている意味ばかりがなのではない。そのの意味もふかく味読してみねばならぬ。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)